カテゴリ:movie( 10 )

『この世界の片隅に』

f0127967_16430173.jpg

『この世界の片隅に』

昨年末、知り合いから凄く良いという話は散々耳にしていて、
けれども、なかなか映画を観に行く時間の隙間が取れないことにかまけて、なかなか行けないでいて。
オススメしてくれた知り合いのライブを聴きに出向いたら、
映画の中で“コトリンゴ”が歌うザ・フォーク・クルセダーズ『悲しくてやりきれない』を歌っていた。
音楽ってやっぱ凄い。彼らの音には、人を通して通過してくるものがあって、これは、観に行かなきゃいけない映画だと感覚的に察知して一度観てきた。そしてまた今日もアゲイン。

この歳になって、
ドングリの背比べのように過ごしてきた友達がいて、今は大半が結婚して子供がいて、そうで無い子も、夢を追いかけてたり、日々を一生懸命生きてたり。
「生きる」って何だろう
「幸せ」って何だろう
なんて答えの見えない人生のテーマが特に最近クローズアップされてるからか、
主人公すずの周りを繰り広げる、その時の「あまりまえ」の日常。「あたりまえ」の感覚。
そんなんが、グッときたのかもしれない。

戦争の事は祖父母から聞いていたけど、やはり生前もそこに誇りを感じていたし、
戦争は良く無いものとされてる今では無い感情で、
母は外国人で苦労した事は「話しても何にもならないから」と話さないけど、壮絶な苦労はしていたのは、幼いなりに感じてて。
たまに今でも「そんなに苦労したのに、何で前向きで聡明なの?」って母に尋ねると
「それでも生きてかなきゃならないからね」って。

そんな中でも生きていく現実はあって
あたりまえを
あたりまえに生きる強さを
今更ながら身に染みて感じる事が出来る映画でした。

凄く辛い事もあるけれど、
例え、嘘を付かれても
裏切られても
泣く事はあるし、歯も食い縛るけど、

私は今日もしっかりと笑って生きていきたい。


人それぞれこの映画から感じられる感覚は十人十色。見るたびに、新しい感情や感覚に気付かされるし。なかなか、そういう映画は無い気がします。
今でも満席だし、エンドロールで帰る人が1人もいない。
きっとみんな、すずとその時間を旅した2時間なんだなと。そして、その人の日常に降り立ったんだなと。

勝手に、色々な人に薦めてるんですが、
もし、このblogを見てまだ劇場に行って無い方がいたら、是非ともオススメしたい映画です。
時を超えた名作だと思います。

映画の向こう側の気持ちを綴りましたが、
「のん」の声の表現が素晴らしいし、
コトリンゴの音楽も全体になってる。
想像を駆り立てる描写と、
無理の無いアニメーション。
戦争という途轍もなく大っきなタイトルを、作品のなかで、その日常に入り込めて、涙がこみ上げる、歯をくいしばる。けど笑える部分もあって。

一度、すずに会いに行って見てください♪


[PR]
by yuzu_voice | 2017-01-16 16:35 | movie | Comments(0)

AMOUR

f0127967_18362177.jpg


演技は素晴らしかったです

けれど、ストーリーが進むにつれ

私の経験値ではなんとも言えない展開になって

複雑な気持ちで終わりました

どうなんだろう

観た方の感想が色々聞きたいな



無音有音の存在を再確認

無音ってありえないんだけれど、

音が意図的に鳴ってないってこと


そういう部分などでは素敵な映画でした


poi,love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2013-03-14 18:41 | movie | Comments(0)

Silver Linings Playbooks

f0127967_23312483.jpg


すごくcrazyな映画でしたが

淡々と進むstory性が、日常的で

なんだか親近感わいて、懐かしい感じ

けど、

やっぱcrazyな映画だな、笑
[PR]
by yuzu_voice | 2013-03-04 23:35 | movie | Comments(0)

扉をたたく人

f0127967_0562212.jpg


凄くグッときた映画

懐かしいNYの風景と

移民や、家族愛、恋愛、人間愛が絶妙で

ジャンベの音

打楽器の音って

鼓動に近くて

それが真に迫ってるようで

おすすめです

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD14579/index.html



先日書いた例の「ホタル」

これも冬にぴったりの映画で、且つ

深いストーリーの中、みんなの演技が素晴らしすぎました

音楽も素敵です

おすすめ☆



今日は雨

冬の雨は、ちょっともの悲しいかな

ありがとう、今日一日

おやすみなさーい


poi.love......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-12-15 00:57 | movie | Comments(0)

鉄道員(ぽっぽや) そして あなたへ

意外に、観ていなかった作品
凄く宣伝などで目にしていたけど、観る機会がなかった作品
上映から12年たった今年の冬の始りに観ました

秋に、高倉健さん主演の「あなたへ」を観て、彼の映画を色々観てみたくなりました
多分「ホタル」も借りてあるから、近々観るかな、笑

ひとつの仕事に打込むまっすぐ過ぎる位まっすぐな主人公
昔、ジャズを始めた時にローディーで色々回っていた時のドラマーさんが言っていたヒトコト
「この仕事をしていたら、親の死に目にも会えないと思う。けど、覚悟で挑んでる」
10代の私には、とっても深いヒトコトで
親はずっとまだ元気でいると思ってた時で
そんな言葉が映画の中の家族の死の場面で、思い出されました
彼からは、深く愛を感じるし、誰よりも背中で泣いてるし、
行動は傍からみたら、全然違う風に移っちゃうし、家族の心境は複雑だけど、
けど、私も彼の立場なら、
そうしたと思うかな


とにかく、冬の景色が素敵で
全ての役者さんの演技が、深くて
感動しました

「あなたへ」は
景色が素晴らしかった
日本にもこんな素敵な風景があるんだなぁと嬉しくなりました
鳥取だっけ、、天空のお城。
いつかいくぞーーーーーー!笑
高倉健さんの演技がとてつもなく際立ってて、
ストーリーは、
その後よんだ単行本の方がすきです

まだ、私には遠い話しだったけど
けど、そんな志は、持って歳をとっていきたいな



さーて、
今年の冬は、冬とリンクするものを、とことん愛そうとおもいまーーーーーーす♪
冬のテーマ曲は、昨日getした大好きなSigur Rosの"Takk...."で決まり!
おやすみなさーーーい☆

poi.love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-12-06 01:31 | movie | Comments(0)

Dear John

今日は、今月唯一のオフ日!
昨夜は、朝から映画を2本観に行くぞ!!!と意気込みすぎて、寝つけれず、お寝坊。。。
ベッドで、時計を見て、脱力感、、、笑
うだうだ部屋をうろつくが、結局仕事してしまい、「これじゃイカン!イカン!」とお尻に鞭打って、映画をリベンジ。
「Dear John」を観てきました

邦題は「親愛なるきみへ」
かけ離れた邦題をよく目にしますが、これはまずまずの線、笑

Mamma miaでおなじみのAmanda Seyfriedと、
Public EnemiesのChanning Tatum

絶対泣きそう、、、と予想的中。
シンプルな手紙というスタイル
家族
恋人
夫婦
テロ
民族

色々考えさせられました

メールというスタイルは、とっても便利で私も離せないアイテムになっていますが、
やっぱり、手紙、自分の手で書く、という行為は、不滅の人間の営みのひとつだと感じます
そんな部分がクローズアップされていたりで、気に入りました

私は、一人っ子で、まだ独身。もちろん子供もまだ、笑
両親が他界したら、ひとりになります。
Johnも父と二人
お父さまが他界されて、ひとりになったシーンは、ぐっとくるものがありました

とにかく、あっという間にひきこまれる映画だと思います
おススメですよー!
http://www.sonypictures.com/homevideo/dearjohn/

poi.love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2011-10-06 23:24 | movie | Comments(0)

エクスペンダブルズ

時間とチケットがあったので、ふらっと観てみたら、、、、
こんな残虐シーン満載なのに、ハッピーなエンデングのアクション。
あまり観たことありませんっ

シルベスター・スタローン 主演、監督、脚本
彼をみるのは、久々だが、整形かな?特殊メイクかな?顔が変な感じ。

とにかくそうそうたるメンバー。
ジェイソンス・テイサム
ジェット・リー
ミッキー・ローク
ドルフ・ラングレン
ランディ・クートゥア
スティーヴ・オースティン
テリー・クルーズ
ブルース・ウィルス
そして、
シュワちゃん

ミッキーの涙は、感動モノ。
アイアンマン2はがっかりしたけど、超かっこいいです
久々のシュワちゃん、超チョイ役。
目がキラキラした魅力的だった瞳が、なくなってて残念。
政治ってヒトを変えるのねぇ、、、、

えげつない殺害シーンが苦手な方は、やめた方がいいと思いますが、
何度か観たい、よい映画でしたよー☆

poi,love.....yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2010-11-10 02:19 | movie | Comments(0)

借りぐらしのアリエッティ

ジブリの作品って
何回も観たくなります。

しばらくすると、色々な部分がぼやけて見えて、
思い出のように、感じて、
アルバムを開くように、また観たくなる。
凄いことですよね。

私もそんな、唄うたいでありたいものです。

アリエッティは、ストーリーは凄く単純だけど、
小物などがかわいい
あと、アリエッティの視点での、「音」「アングル」がすっごくリアルに表現できていて、
素晴らしかったです。

もし観ていられない方みえましたら、是非!
この臨場感は、お家ではあまり差が分かりづらいかも。
f0127967_1491235.jpg


実家で大変お世話になっている、「ジークフリーダ」さん。
毎年なんどか、コラボレーション企画をさせて頂いています。シークレットで(笑)

ジークのママとシェフのbabyが誕生しました!!!!
おめでとうございます☆★☆

内祝いで、誕生記念で作られた記念お菓子「ツィートローネンクーヘン」!!!!
これは、ジークの中でも最高の喜びと幸せエネルギー満点のお菓子となるでしょうっ
f0127967_1484690.jpg


お盆、
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?
私は、実家帰省はまだ先になりそうです。

名古屋のじめーじめ夏を楽しみまっす

love,Poi from.yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2010-08-12 01:49 | movie | Comments(2)

SALT

久々に時間がとれたので、
映画を観にミッドランドへ☆★☆

公開から数日だからか、なかなかの動員。
アンジェリーナのキャラクターは、好きです。
あんなカッコよくバイク乗れたら、いいなぁ☆
これ以上顔に傷つけるのは、やめておきます(笑)

SALT。
こういう展開かぁ。。。と2時間があっという間でした。
心の深い部分がジーンとなる作品でした。

凄くいい。
お勧めですよー

「インセプション」に「アリエッティ」、「トイストーリー」に。。。観たい映画がいっぱいだぁ!

そうそう、昨日の「温古舎」で手伝いに来てたバイトさん。
元舞子さんで、「インセプション」撮影終了打ち上げで、京都に来たデカプリオとデカプリオ父や監督さんの席にいたみたいです。
踊るのも緊張しそう☆
[PR]
by yuzu_voice | 2010-08-02 23:56 | movie | Comments(0)

映画『mona lisa smile』

映画『mona lisa smile』を観た。

大好きな女優ジュリア・ロバーツ主演だったから手に取った一品。
今観るべき映画だったと観終わってから確信。

時代は1953年、真珠湾戦争後の教師と生徒、時代背景が渦巻く青春ストーリー。
前回観た『エリザベス・タウン』の女優キルスティン・タンストも出演してた。
オープニングは平原綾香さんも日本詩カバーしているホルストの組曲「惑星」より「木星」で静かに幕が開く。劇中の音楽はジャズスタンダードが殆ど。エルトン・ジョンが「Heart of every girl」を歌う。セリーヌディオンも歌っていたり。。。
音楽的にもなかなかな、くすぐり。
ジュリアが演じるのは美術教師。
アートも好きな私には美術作品が次々出てくるし、題材がアートだから凄く入りやすかった。
ストーリー内容は…是非映画を観て頂く事にして。

感じた事をひとつ。
昔から美術と音楽の授業時間ってなんで、週一回しかないの?!って思ってた。
幸せな事に、私の学んだ仲間達は音楽やアート好きで放課後や昼休みに自然に音楽室に集まって音楽を楽しんだり、壁画を楽しんだりした。
人格形成において、この分野はかなり成長を助けてくれるはずだと私は思っていて、他の教科も不必要だとは思わないけど、バランスが悪すぎる気がする。
一時期、教育実習に行った経験もあるけれど、日本の現在の教育に疑問を感じ、学校教師という進路を選択から外した。
自己の確立が発達してしまうと、国的に収集がつかなくなってしまう‘恐れ’から、意図的にこの分野の教育を少なくしているのでは?と思えて仕方ない。

自己主張。
自分の道。
夢。

男女平等、個人の尊重と社会は向かっているように一見見えるが、真実はどうなのだろう?

一度はみた事があると思う名画「モナ・リザ」。
彼女は本当に微笑んでいるのかな?

「mona lisa smile」一度よかったら是非☆
[PR]
by yuzu_voice | 2007-02-24 02:40 | movie | Comments(0)