カテゴリ:seattle( 30 )

Seattle旅行記2012 -16-

今年も今日で終わり
どんなに、あと一日欲しくても今日で最後
今年はやり残したことが一杯あって、
年賀状もまだ買ってもいません、、(あちゃー、、、)
せめてseattle日記は終わらせたいので
眠い目こすりながら頑張りますっっ

さーて、最終日。
Jayさんの息子さんが、お料理をしてくださるとのこと☆
凄く料理がじょうずなんですって♫
f0127967_1532418.jpg

楽しい会話をしながら、みんなで準備☆
f0127967_1542376.jpg

前回の日記で飛んだ鮭です♫
バーベッキューーーー☆☆☆
焼ける間Jayさんは筋トレ?!笑
f0127967_1552392.jpg

f0127967_1554595.jpg

彼らも、そわそわ♥
f0127967_1561668.jpg

でーきたーーーー!!
f0127967_1571065.jpg
f0127967_1564545.jpg

めっちゃんこ
美味しかったです!!!!!!!

私の担当は、ご飯☆
お鍋でご飯たくの、初めてで、緊張したー
けど、楽しいね

私も早く、家族欲しくなりました
みんなでご飯を作りながら、それぞれの日々を話せる、そんな家族が作りたいなー
よしっ、まずは結婚線を赤ペンでくっきり書かねば?!笑

今回の旅は、あっという間の時間でした
未だに、しっかり消化出来てない部分がいっぱいです
けど、ここで感じたことは、きっと自分の中にはくっきり刻まれているようにも感じます。

やっとSeattle日記もこれで、終わりです!!
読んでくださってありがとうございました☆

日本に帰国して、すぐにSecret Flower夏の陣で、関西遠征でした。
今回は課題もいっぱいで
けど、仲間と音を重ねられるのが幸せで

とにかくこの一年は、暗黒時代でした、笑
しんどかったなーーー
けど、そんな中仲間がいっぱいいっぱい助けてくれて、
いっぱい泣いて、
いっぱい笑って、
みんなみんなありがとう☆

こんな私ですが、2013年も、更に頑張りたいと思います。
もっともっと深く、深く
ゆきます

今年はいーーーーっぱい泣いたから、来年は、いーーーーーーぱい笑うぞー♫♫


てなわけで、1/4から初歌いです。神戸!Secret Flower冬の陣のはじまりはじまりぃ♫
f0127967_294094.jpg


poi.love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-12-31 02:11 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -15-

さーて、忘れたころのSeattle日記
つづきますよーーー、笑

Port Townsendから帰ってきて翌日
お土産を買いにショッピングしたり
アンプ用のカートを探しにモールに連れていってもらいました

まずは近所のお店にて、アメリカにきたらこれでしょう!!
f0127967_1332785.jpg

ここにあるカップケーキ、
ぜーーーーーーーんぶ食べたかったな♫

f0127967_1341442.jpg

そしてこちらのモールでショッピング
f0127967_1344852.jpg

早川くんは、お疲れ気味でーす、笑
無事カートもゲットできました

そして、今晩はJayさんの息子さんマイルスくんが来て料理してくれるとのこと
で、パイクプレイスマーケットへ!!
f0127967_1365760.jpg

やったーーー今年も来れた☆
で、まずはここでしょう♫
STARBUCKS first store!!!
f0127967_1374535.jpg

長蛇の列ですぅぅ
f0127967_1383239.jpg

ここにはいつもストリートミュージシャンがいます。
このグループ、めちゃんこうまかった!!
f0127967_138571.jpg


f0127967_1395886.jpg

私はこのパイクプレイスローストをチョイス
この豆は、日本のスタバでもだいたいお目見えするけど、
1号店の豆の方が美味しいの。。
ローストが違うのかなー
f0127967_141238.jpg

店内はこんな感じ♫
f0127967_1414375.jpg

きらきらりーーーん

そして、Jayさんとパシャリ☆
f0127967_1421646.jpg


それから、マーケット一周して
このサーモンで食べ歩き♫
f0127967_14254100.jpg

ほっぺた落ちました、完全に。。。。。うますぎです

やっと観光ぽいことした、笑
f0127967_1441965.jpg


かわいい発見いっぱいなんです、ココ♫
f0127967_1445696.jpg
f0127967_144446.jpg

で、ここははずせないでしょう
f0127967_1451961.jpg

f0127967_1454635.jpg

あーー全部たべちゃいたい
f0127967_14676.jpg

ちょっとヨーロッパちっく
f0127967_146354.jpg

で、何故か番傘?!
f0127967_146594.jpg

あははははーー、目がーーーーー♥
f0127967_1472950.jpg


今日のSeattleはお天気ななめ
レニエ山は姿をみせてくれなくて、残念。
けど、今度の楽しみがあるしね!
f0127967_1485188.jpg

トーテムポールがいたるところにあります。
ここの道は、インディアンがいた時からある1本目の道路だそう
歴史を感じます
先住民との歴史の溝は、きっと想像できない位深いんでしょう、、、
f0127967_1502415.jpg

ここに来るとseattleにきたんだなって感じます。

また可愛いいたずらアートが♫
f0127967_1511370.jpg

f0127967_1514475.jpg

あ、ここにも!
f0127967_1521320.jpg

パイクプレイスマーケットといえば、、、、
豚ちゃん
f0127967_1524295.jpg


雑貨やさんや
f0127967_1531038.jpg

さて、だれでしょう?
f0127967_1533915.jpg

f0127967_1535671.jpg

CD屋さんもあって、今までみたことのないEllaのCDとかめちゃ安くて、ゲット!

足跡をたどると、、、、、、、
f0127967_203585.jpg

また豚さん発見!
f0127967_1543563.jpg

そして、やっとサーモンゲット!
f0127967_1554646.jpg

このお店は、サーモンを買うと、サーモンが飛ぶんです!!!
このマークが目印☆
f0127967_20245.jpg

で、私もちゃっかり映像とらせてもらっちゃいました♫
(映像は、FBにupしてあります)
ここは、やっぱ魚介類がおいしすぎますね
seattleきたら是非立ち寄ってくださいね
f0127967_1573366.jpg

こんな大きなガーリック!!
f0127967_1591880.jpg


さて、この続きは次回へ!
マイルス登場です

シアトル、観光で一度来てみたいです
この時ちょうどイチローがNYにいっちゃったんだけど、
イチローの頑張りは絶大で、
彼のおかげで、日本人の印象はかなり良くなっていると痛感しました
本当に彼は素晴らしいですね
私も、そんな日本人でありたいものです

さて、最後に大好きなseattleの自然の写真でお別れです
雪の名古屋も、
すきです

f0127967_241235.jpg
f0127967_24384.jpg
f0127967_235181.jpg

[PR]
by yuzu_voice | 2012-12-11 02:04 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -14-

まだまだ紅葉が始まった感じ
けど高山では雪が降っていたみたい
一番好きな季節がやってきましたー!
冬、大好き
雪、大好き
クリスマス、大好き
街がわくわくしてるよねー
カップルとかお手手つないで、仲よさそうに手を振って歩いてるの見ると、
こっちまで、笑顔こぼれちゃうな♪

私は、下呂と高山の間にある「益田高校」ってとこに通ってたんだけど、
(今は名前変わったんだっけ?)
高校の頃は、自習授業をさぼって、高山に友達と買い物に行ったなぁ、笑
電車に飛び乗った私たち。
列車と並走して、先生が車でおっかけてきたの、
懐かしいな~、笑
(もちろんまじめに勉強してましたよー、笑)

高校時代の私のあだ名は、「ジャスミン」
「ジャス」って呼ぶ子もいて、
今では、「ゆず」が多いんだけど、
高校の同級生とかは、「ジャス」って呼ぶから、ドキッとする、笑

なんで「ジャスミン」になったんだろうー、笑

さてさて、
Seattle日記も終盤です☆
PortTownsendでの日程も無事終え、チェックアウト。
John Clayton先生にさよならして、
Jayさんたちと、今回は、海を渡ってシアトルに帰ります♪
やったー
フェリー待ち中、、、、
f0127967_23163035.jpg

ピーナッツの好きなJayさん
f0127967_23305027.jpg

いざ出発!
さようなら、PT
今年もありがとう!!
f0127967_23313165.jpg

船上で、またまた昨年の同じ生徒で今ニューヨークの大学で頑張ってるパトリシアのお母さんにばったり☆
f0127967_23335991.jpg

しばらく船旅を楽しみます♪

そして、戻ってきましたーーーーーシアトル☆
f0127967_23343895.jpg


そして夜は、Jayさんは、tula's restrantでgigです。big band!!!
f0127967_23362115.jpg

Jayさんって、ぜったい背中にチャックあると思う。
だって、一週間、泊り込みで授業して、演奏何本もして、運転して、ギグですよ?!
ぜったい、ゼンマイあると思う!!!!!!

やっと食欲というものが、戻ってきました
ジャンクなこの子たちも、いと美味し♡
f0127967_23382817.jpg

f0127967_23392478.jpg

で、やっぱこれでしょ♪
f0127967_23394685.jpg


昨年、Porttownsendで伴奏してくれたJohn Hansen先生に再会!!!
そしてJayさんともども、Porttownsendで教えてみえてたbass Chuck Deardorf先生にdrumsの先生も
f0127967_2344956.jpg

f0127967_2341833.jpg


Johnさんの奥さんにも1年ぶりに再会!
f0127967_23445115.jpg

f0127967_23451087.jpg

Maxのお父さんのDanさんも演奏されてました

やっぱみんな、背中にチャックあるよ、、、、

お店のスタッフさんも凄く感じよくて、
もしシアトルいかれたら、是非このお店は行ってみる価値あると思います♪♪
マーケットからもめちゃ近いですよー

この写真
シアトルのジャズミュージシャン
f0127967_2347302.jpg


この写真に載ってる方と、たくさん交流させて頂いていることに、
本当にありがたいなぁ、、、と思いがいっぱいになりました


昨年は、その足でニューヨークに行って夏のマンハッタンを楽しんだけど、
今年はシアトルで残りの日々少しゆっくり過ごしてみることにしました

読んで頂いてありがとうございます
つづく、、、、、

poi.love......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-11-16 23:54 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -13-

今日も朝から夜までレッスンの日
生徒さんの活躍ぶりを実感出来る今日この頃
自分のこと以上に
嬉しいなー!

今日はそんな生徒さんのレッスンでみてる一曲の詩に感動
http://www.myspace.com/acitamusic
こちらで一部聴けますが、
この先がいいとこなんですよー、笑

「大事なことは、君と僕が、どこだってココと言えること」(by Acita "sending mind")

タワレコとかで手に入ります
チェックしてみてくださいねー!

さて、さて、seattle日記に戻ります!
最終日の午後のfesを感動を胸に夜のステージへ!

Eric Reed,Mike Gurrola,Kevin Kanner
f0127967_218178.jpg

そしてMary先生も加わり
f0127967_2195461.jpg

Graham Dchter Quartetのステージでfesも終了

さて、この次は
私や、仲間のステージ
昨年も演奏した「Key City Playhouse」に向います。
けど、今回の企み!!
浴衣を日本から持参していました
日本人の殆どいないこの街で、半分、日本人の私が出来ること
もうお空になった、韓国人のおばあちゃんが選んでプレゼントしてくれた浴衣を着ることに決定!
頑張ってtryしてうまく着れました!

友達のPamが車で会場までシェアしてくれて、まず彼女が喜んでくれました!
そして、みんなの信じられない程の
この夏の集大成を目の当たりにして、
嬉しかったなー
大好きなMiaの演奏!
f0127967_2212371.jpg

私も、無事やりきりましたよー
今年の目標達成
自分のチャレンジに、自分で褒めてあげたい、笑
これで、胸をはって日本に帰れるなぁ
終わって、司会と、本番まで多大なるアドバイスと愛でサポートしてくれたSachal先生と♪
f0127967_2275089.jpg

みんなで先生方にプレゼントしたラベンダー
ラベンダーってこんないいにおいするんだー♪

仲間や友達と別れを惜しみつつ、
先生や、miaとJayさんのいるPablic Houseにカランコロン♪カランコロン♪

ここではbass のKevinともみんなとも、port townsendの地ビールで乾杯!!
昨年の私のドジなインロックが再び話題に、、、笑
(今年は無事カギは手放さず過ごせました、よし!)

先生方もみんな集まってきて、みんなで打ち上げ状態に♪
f0127967_2335152.jpg

大好きなDawn先生に、伴奏してくださったLura先生、Byron先生と、我らがSachal先生!!

f0127967_2353575.jpg

そしてtrumpetのTerell Stafford先生と♫
f0127967_2363958.jpg

Jayさんたちとも♫

そして、名残惜しい友達Miaと、、、、、涙!
f0127967_2372544.jpg

この街に今年は沢山のシンガーの友達が出来ました

いくつになっても、自分の目標と向き合って、チャレンジする精神
素敵やなーって思います
昔は、いつも焦ってて、絡まって、転んで、落ち込んでた私。
全ては自分次第なんやなーって
思います

人は捉え方は十人十色
私にはイイと思うことも
隣の人にはイイと思わないこともある

そんな強さを貰えた気がします

私の
好きを
大事にしていこうと決めた日でもありました

今日も私の心のport townsendでお別れしましょう
f0127967_2435235.jpg


読んで頂いてありがとうございます!!!!!
さ、あすはSeattleに戻ります♫

poi,love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-11-14 02:44 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -12-

昨日は、仲間の企画ライブに行ってきました
彼らの音空間は、本当に立体的にそれぞれが存在してて、
それ全体が、空間を共有して絵を描いているようでした

オリジナルって、いいですね
すごくリアルに音とその向こう側が飛んでくる感じ
フィルターを通すのと、
通さないのってこんなに違うんですね

次回のサウンドがどう変化しているのかが、めちゃ楽しみな感じです♪

さーーーーーーて!
長らくお待たせしました(?)笑
Seattle日記の続きを!!

今日でcampも最終日
明日はcheck outしてseattleに戻ります。
今日もとてつもなく長い一日になりそうな予感。。。
そして、夜には自分のパフォーマンスも控えています。

朝からひとつ、講義がやっていましたが、もうお腹も頭もいっぱいいっぱいの状態、笑
友達とsessionをしたりして、まったり過ごしました
f0127967_040364.jpg

(みんな元気かなー)

最後のlunchは、毎回ハンバーガー
けど、私が行った時はもうお肉がなくなって、サラダサンドでした、笑
午後は、Eric Reed先生のComboの発表を聴きに
f0127967_0472548.jpg


そして今日は、昨夜から続く街最大のJazz fesかこの会場であります
出演は、もちろん先生方。
生徒の席は広いホールの最前列が用意されています。
友達との時間ももう残りわずか、、
そんなことも頭をかすめ、みんなで先生からの最後の教えを頂きにいきます。
今日のfesは昼の部、夜の部があり、
お昼1st setはBenny Green Trio(Gary Smulyan,Ben Wolfe,Rodney Green)
f0127967_052105.jpg

もう、圧巻です
彼は話していると凄くシャイで優しいけど、演奏、音楽の話やレッスンでは物凄い情熱が溢れてきてストレートです。
f0127967_0545390.jpg
f0127967_0544348.jpg

そして2ndは
われらvocalの先生Dena DeRose先生のTrio(Martin Wind,Matt Wilson)
f0127967_057552.jpg

f0127967_0573646.jpg
f0127967_0572244.jpg

昨年は、このfesのSunny先生が日本語で「ありがとう」とステージで一言行ってくださったて、パフォーマンスを聴いて涙がとまりませんでした。
この会場にいる人で日本語が理解できる人なんて居ないに等しい中、
何百人もお客さんの居る中での、その一言はとてつもなく、嬉しくて、たくさん悔しくて苦しかったこともきっと先生には伝わっていて、そんな色んな事が、お互い共有出来てたんやなーって想いがこみ上げてきました

そして、今年はそんなたやすくは泣かないぞーーーー!!って心に決めたのに、決めたのに、決めたはずなのに、、、
結論をいいますと、、、泣いちゃったわけです、はい、笑

Dena先生のJohn Lenonさんの曲の弾き語りでノックアウト、、、、
こんな心からの歌、歌えるようになりたいです

けど、それ以上に彼女のピアニストとしてのテクニックは超一流
MattとMartinとの3人のソレは、涙をすぐに過去のものにしちゃいました
(ここでもMattの声はでかい!!!笑)

そして3rdはCentrum All star big bandの演奏です。
そして、、、、、、Derecterは、、、、、、、あの、
Johnny Mandel!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
感無量です

名古屋にもよくみえているMark Taylorさん、
Maxのお父さんのDan Marcusさん
そして、われらがJay Thomasさんもみえます
f0127967_182674.jpg
f0127967_174529.jpg


Big Bandの弱音のあのすごさ、、、、鳥肌もんです

終わってから、JayさんがJohn Claytonさんに紹介してくださいました!!
「楽しんでる?」って心配そうにJohnさんが話してくださって、
「もう、もちろんですーーーーー!!」って気持ち伝えたら、彼も大喜びしてくれて♪
「また来年もくるよねー」って笑顔で言われちゃいました
(日本から遠いですよ、、、Johnさん、、、と心で思いつつ)
もちろん、来たいです!!!(本心ですよー笑)

f0127967_1131223.jpg

Johnさんの握力強くて、腰ちょっと痛かったです、笑

f0127967_1144992.jpg

そして芝生にてBen Wolfe先生の生徒の発表を聴いて

次は、AmyのいるBenny Green先生の生徒のComboの番。
見逃せません!!
夕食を、、、とメキシカンの料理、、、
タコス位しか食べたことなくて、
たまたまBenny先生が私の前で並んでて、Moleを進めてくれました♪
で初Mole!
f0127967_1154256.jpg

f0127967_118729.jpg


これ食べながらAmyのステージを♪
Benny先生も生徒の様子を愛情いっぱいに観てみえました
f0127967_1194097.jpg

Amyはめちゃくちゃ緊張していました
それもそのはず、だってpianistのBenny先生のいるComboでpiano弾くんやもん
私だったら、トイレから出てこれなくなるくらい緊張しちゃう

けど、彼女は凄く落ち着いて、堂々とパフォーマンスしてました!!!!
けど終わってから話すと、めちゃくちゃ震えてたみたい
かっこいいよ、Amy!!!

この日は、日記が長くなっちゃうから、この辺でお別れ!
最後は、JayさんがMoleにかぶりつくシーンをお楽しみくださーーーーーい♪

今、日本にJayさんが来ているのに、全く予定が合わず、会えずにいます
沢山のお礼をしたいのに、もどかしい日々です
私のblogをよんで頂いた方に、是非Jayさんのライブに足を運んでいただけたら、
本当に本当に嬉しいです!!!!
金曜日は、Jazz in Lovelyに出演されます!!!!

f0127967_1214994.jpg

f0127967_1242662.jpg


ご飯を美味しそうに食べる人って、
いいよねー!!

Thank you sooooooo much!!!!!Jay Thomas!!!!

poi.love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-11-08 01:25 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -11-

ここ最近、ぐって、冷え込むようになりましたね
生徒さんの中でも、体調崩してみえる方多いので、みなさんも気をつけてくださいね♪
私も、さつまいもとか、さつまいもとか、さつまいもとか、、笑、ちょっと旬の野菜もとったりしてます

さて、今日Seattleで本当にお世話になっているJay Thomasさんが、来日されました!!
しばらく、色々な所で演奏されます。
本当に素晴らしいプレイヤーさんなので、是非チェックしてくださいね

そして、彼が10/30(火)に植村楽器で、レッスン&クリニックを開催します
こんな機会はまたと無いと思います。
是非おすすめですので、受けてみたいなー!って思う方は、私に連絡ください☆★☆

さて、Jayさんがみえる前に終わりたかったSeattle日記も、、、つづきます、はい、笑
いつも本当によんで頂いてありがとうございます!

さて、もうすぐキャンプも終盤にさしかかってきました
今日は、生徒たちの発表や、jazz fes状態のイベントがぎっしり

そんな中、まず朝は
今夜、そして明日のvocalの生徒のライブのリハーサルからスタートしました。
私は、最終日の参加に決まり、大好きなDenaが伴奏してくださいます!
f0127967_0313769.jpg

友達のMaxのリハーサルの模様。
そう、彼チェロでソロ弾くんです。
scatもChetなんじゃないかって思うくらい素敵で♪
初めて彼に会ったのは、sessionで、チェロでベースの変わりに弾いてたの。
まさか、vocalの同じ生徒だなんて思わなかった、笑
そして、ちょこっと日本語の単語も知ってたり、
彼のお父さんは、Jayさんと仲良しだったりで、おもしろい繋がり♪

リハーサルが終わったら、
Jeff Clayton,Walter SmithⅢ,Gary Smulyanそして、Jay Thomasさん達の"Saxophone Summit"の授業に行ってきました


そして、lunchは、よりすぐりの生徒のBigBandのperformance!!
そこに、友達のAmyもピアノで参加します
はずせません!!!
lunchトレ―もって、芝生で食べながら鑑賞!応援!
f0127967_042481.jpg

芝生が雨で濡れてて、それを知ったJayさんは、食堂から椅子を持ってきてくれて、リッチなランチでした☆
外国の男性は本当に女性への気配りが、「もーいいでっす」って位してくださいます
そういうのも、
ちょっとは、嬉しいもんですね、笑
Jayさんと先ほどのMaxのお父さん!!
本当にfunnyでnice guy!!笑
f0127967_0454743.jpg



Amyは緊張してたみたいだけど、堂々と弾いてました!
友達の頑張ってる姿って、本当に元気や勇気をくれますね

午後は、色々授業もやってたけど、興味があるのなくて、たまった洗濯したり、洗濯してたらドラムのKelby先生がきて、話したり、
そして、この場所で一番好きな海岸を散歩してきました
f0127967_0562944.jpg

天気はイマイチでしたが、何度もこの海に救われました
f0127967_0575811.jpg

この道をくだっていくと、、、、、
f0127967_0595432.jpg

はぁ~~~~
やっと呼吸
f0127967_10549.jpg

f0127967_113370.jpg

なんかね、
波の音って
いいよね
ここに座ってると
遠い遥か昔から、いま現在の自分と、そしてこれからの未来が繋がってるって感じる

この一週間を、ゆっくり感じる時間
昨年と、まったく違う時間だった
本当にたくさんの友達に助けてもらった今回
今、こうした自分がいられるのも、もちろん自分の努力もあるけど、
それ以上に、友達のお陰だと、ハッキリ言える
本当に、本当にありがとう


f0127967_153635.jpg

f0127967_16772.jpg




そして、近くにある博物館
f0127967_181720.jpg

大好きな桟橋
f0127967_184545.jpg


練習しに空いてる部屋さがしてたら、またもやAmyを発見!笑
またDuoしたり、動画とってあそんで♪
f0127967_1104557.jpg


そして、夕食後はGary Smulyanのクラスの発表を聴きにLittlefield Greenへ☆
f0127967_112729.jpg


そして、この地区最大のコンサートを聴きにMain stageへ
生徒は、最前列をキープされています。
Eric Reed,Mike Gurrola,Kevin Kanner,Qalter SmithⅢ

f0127967_1143487.jpg

Wycligge Gordon,Jiggs Whigham,Tamir Hendelman,Chuck Deardorf,Rodney Green
f0127967_1164188.jpg

Bruce Forman,Graham Dechter,Tamir Hendelman
f0127967_1153276.jpg

そして、今回一番、興奮したのは、、、、、、、、、、、
Jeff Hamilton,Matt Wilson DUO!!!!!!
みんなきっと、聴きたいでしょーーーーー!!
もう、やばかったです、このDUO。
f0127967_1172098.jpg

最後は、
Wycliffe,Jiggs,Bruce,Graham,Tamir,Chuck and Rodney先生たちが加わってカーテンコール
数年分の演奏を、聴きました。はい。

そして、今日出演するボーカルの生徒さん達の演奏を聴きに、Key city playhouseへ!

f0127967_120623.jpg


みんな素晴らしい!!!
今回は、Dawn先生、Jon先生、Kelby先生が演奏してくださいます。

やっぱり、Jazzってアメリカで生まれて、育ってるんやなぁって痛感しました。
私には、こんなbluesは到底歌えません。
けど、自分のルーツをしっかり受け止めて、それを自分の音楽にしていきたいって更に思いました
さて、明日は私の番。
しっかり、自分の目標をクリアしたい。
上手く歌えるとか、そんなんどうだっていい。
失敗したってもいい。

もしこのblogをよんでくれてる、生徒さんがいるなら言いたいことがひとつあるの
チャレンジしてほしい!!!

すっごく怖いよね、すごくわかる
恥ずかしいし、自分に自信がなかったら、特にそう
けど、ぜったいチャレンジしたら、悪いことなんて、ひとつもないから
いいことずくし!
これ、間違いない!!

だから、この時もチャレンジしようと誓った夜でした

そして、今日も最後は、Rose TheatreでのSachal先生のgig!!
f0127967_1234321.jpg

彼の言葉、NewYorker独特のものすごいスピードで、最初身体かたまりながら、必死で聴きとってて、
それでも分からないこと一杯あって、
けど、道でよくばったり会ったりすると、笑顔で少年のように話してくださるの
いつもキラキラ輝いてて

パフォーマンスもそう。
不思議なオーラがある。

余談になっちゃうけど、ここ最近、心が折れそうな事が続いてたんだけど、
そんな時に、彼のアルバム聴いてて、その中の一曲に、すんごく救われました

その曲聴くと、
陽だまりの中に、ポツンっているの
あの太陽のあったかい光が、心をどんどん温めてくの

凄いなって思った
彼の歌

そんな心がボロボロだった時、
偶然、Sachal先生からメールが来たり
本当に救われました
ありがとう、Sachal先生!!


読んでいただいてありがとうございます☆
f0127967_1434529.jpg


さて、今週金曜は、多治見パレットで歌いますよー!!
平光広太郎(ピアノ)
木全希巨人(ベース)
浅井翔太(ドラム)

平光くん、浅井くんは、このキャンプに参加したことがあって、
メキメキ活躍されてます♪
木全くんは、先日バリ演奏から帰国

こんな頼もしい3人と演奏します
是非、聴きに応援しにきてくださいね☆

poi.love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-10-25 01:38 | seattle | Comments(2)

Seattle旅行記2012 -10-

今日は朝から、気持ちよい風が吹いて 秋晴れ
名古屋パルコ店でのエントランスでのデモンストレーション演奏でした
いつもと違う感覚
けど、歌うこと 好きだなーって思った 
生徒さん入るといいなー

さて、seattle旅行記!いきまーす

昨夜は、12時過ぎまで、Tamir先生と、Kalby先生のセッション聴いたり
彼のピアノのタッチが、かすんで見える位高速打法
エネルギーの渦
少年のようなオーラ
そんなを一杯感じて、Amyと夜道興奮状態で、なかなか寝れなくて
朝は、朝食時間ギリギリで食堂滑り込みセーフ

昨日のTamir先生のsolo pianoを聴けたのは、必然的やったと思う
悩んでいた自分、チャレンジ出来ていないウジウジした自分

そんな私に神様がくれたプレゼントやと思う
彼がジャズしてるピアノしてる音楽してる理由みたいなものを
演奏でふわぁーーーーって、教えてくれて、
エネルギーもらって
だから、今日は、「やるぞ!」って決意してる自分に逢えた

朝は、Mary先生、Dena先生、Sachal先生3人そろって、週末の私たちのライブで歌う曲の最終リハーサルがはじまりました。
今まで別々に受けてた仲間みんなそろって、久々の顔合わせ
それぞれが、すっごく成長していて、素晴らしかった

私の番、わたしのばん、きた
DenaとLauraとByron(先生)たちと打ち合わせをして、私の実はやりたかった事を話した
Denaは驚いていたが、「やってみよう!」とのってくれた

それはね、scatなの
scatの考え方が、ここ数年で色々自分の中で変化してて、
もちろん、音のことや、理論は大切なんやけど、
私のやりたい事は、その組み立て方
それって、日本語ではない組み立て方を、勉強したかったの
この場所で
アメリカって土地で
ここでしか学べない、感じられないものがあるってこと

バンジージャンプってしたことないけど、
きっと、飛び込む瞬間の感覚に似てるんだろうなー、この感覚
怖かった
足がくがくだし
けど、わくわくした

歌い終わったらね
生徒の殆どが、スタンディングして、拍手の嵐
叫ぶ生徒もいて、
正直、びっくりした、笑

あ、チャレンジしたんだって実感した

あ、これでいいんだって感じた

めちゃ嬉しかった
最高のscatだった!ってハグしてくれたり、
とにかく、賞賛してくれて、仲間の頑張りを本気で喜んでくれて、
勇気をくれました

みんなありがとう☆

やったよ!!うん、これから残り、やりきるよ

湧いた気持ちを抑えて、
リハーサルは中断で、午後へつづく

そして、絶対はずせないSachal Vasandani先生の"Monk With Words"の授業
これは、みんなで作詞をしていく授業
最高に楽しかった!

そしてlunch
f0127967_1325397.jpg

今日も気持ちよいporttownsend
けど、ちょっと風がちがう
ちょっと階段あがれたかな
音源聴きながら、全てのハーモニーだったり、ことばだったり、リズムだったりを刻んでゆく、、、

午後もリハーサルは続き

夕方から、また先生たちの演奏でのレクチャー
まずは、Mary Stallings先生の演奏
あの普段の穏やかな先生からは、想像出来ない
エネルギーいっぱいのパフォーマンス
f0127967_1363494.jpg

Eric Reed,Mike Gurrola,Clarence Acox
f0127967_137687.jpg

EricとのDuoは
Duoの醍醐味みたいなものを教えてくれました

そして、
昨年、伴奏をしてくれて、私の成長を見届け、仲良くなったDawn Clement Trio,Martin WInd Byron Bannoy
f0127967_1393072.jpg

さっきまでリハーサルしてくれてたByron先生
そうそう、彼の子供、昨年は赤ちゃんだったのに、もう歩いてた♪かわいい
f0127967_141483.jpg

そして、そして、Dawnは、ピアニストであり、実はボーカリストでもあるの
昨年からそれは聞いてて、けど、今回が初めて彼女の歌を聴くの
f0127967_1415977.jpg

とてもsweetだった♡
彼女の子供ももう話すようになってて、cafeで日本語で「かんちは(こんにちは)!」とあいさつしてくれた、笑

最後は、すごい迫力。
Walter SmithⅢ,Terell Stafford,Wycliffe Gordon,Graham Dechter,,Randy Halberstadt,Martin Wind Kevin Kanner
f0127967_1425130.jpg

f0127967_1455447.jpg

やっぱしKevinのdrumsはおもしろい!!!

そして、夕食へ
もう、この頃は、サラダもノドを通らなくなってきてました、笑(=味イマイチで)
おかしいなぁ、好き嫌いないんだけどなー

そして、ちょこっとsessionに参加して、
downtownにあるレストランで先生たちのgigを聴きに♪


昨年は、IDを持ってなくて、お酒飲めなかった思い出のPublic House、笑
f0127967_1482027.jpg

今年は、席が無くステージ前のウェイティングスペースのイスを、街のマダムらしき人たちとシェア

昨年、ここでのBenny Greenの驚愕の高速パッセージの長時間ソロに、あいた口が閉まらないってのは、まさにコレ!って体験をした場所
今年もそのBennyがpianoでした
(こないだ、名古屋にもきてたね!)

そして、もう一個はしご、
昨夜のTamir先生のgigに、sessionで歌わせてもらった例のUpstageへ☆
f0127967_1542222.jpg

ここでもMatt Wilsonの笑い声はでかい!
Tamir先生も、「聴きにきてくれたんだね!」って喜んでくれて
楽しい時間でした

そして、sessionを聴いていたお客さんがいて、覚えてくださってて、声をかけてくださってうれしかったなー
なにやら、私の歌ったスタンダードナンバーは、亡くなったおばあさまの大好きだった曲で、
おばあさまの愛に久々に触れた気分になってくださったそう、、
嬉しいな
そんな歌うたいでありたい、いつでも

ここで、今日の自分のご褒美に、初めて、アルコールを☆
ポートタウンゼントブリューワリーのビールをゲット!!!
おいしかったー!!!!!
これ、おすすめですーーーーーーー!

そんなこんな、ちいちゃなチャレンジから始まった一日
長かったなぁ、、、、

ちょっとずつ、日本に帰ったら、、のことを思いはじめてきました
そう、市尾優作くんのバンドSecret Flowerのツアーが、帰国後数日後、本格的にスタートするのです
日本が、ちょっぴり恋しくなりました
こちらは、10℃程ですが、きっと日本は30℃超なんだろうなぁとか、、


今回もよんで頂いてありがとうございます
つづく、、、、、

poi,love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-10-22 02:05 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -9-

今日も朝からしっかり雨でした

今日は半期に一度の島村楽器の東海北陸地区会議でした
いつもの会場から変わっている事を、前日名古屋パルコ店店長さんに教えてもらって、
「セーフ!」と胸をなでおろしていました
が!
予定時間より少し前に会場に到着したのですが、「本日の会議」欄に島村の「し」の字もなく
他の先生に電話して確認しても、このビル名と一緒だけど、指定階に行っても、他の会社が入ってて「いらっしゃいませー♪」と出迎えられ????
途方にくれ、もう一度先生に連絡して、周辺状況を聞くと、、、、どうやら中村区の模様。
私のいる所は西区。

同一名ビルのそれまた、貸し会議室関係の、、、、、あーーやられたーーーー

もう、会議はスタートしてる時間で
ダッシュで、もうひとつのビルへ
大遅刻で参加してきましたー、笑

やっぱり、しっかりいしよう!という目標を立てなくて正解だなぁ、、と確信しました、笑

とても長かったけど、有意義な時間でした☆

先日、念願の「あなたへ」を観にいけましたー!
日本にもこんなに素敵な場所があるんだなぁ、
いっぱいいっぱい、感動しました
天空のお城、行ってみたいなぁ
どこにあるんだろう

この映画の本が読みたくなって、書店でやっとゲットして読み始めています
どしょっぱつから、映像とは違う世界が脳裏に浮かんで、涙です
活字ってすごい
そんなこんなの一日でした☆

さて、シアトル日記の続きを!
今日はDena DeRose先生の授業
f0127967_0192141.jpg

朝から、昨日の涙もあってか、授業に行くのに凄く気合いを入れました
f0127967_005194.jpg

よし!
今日のporttownsendは快晴
f0127967_01229.jpg

みんなは、サッカーしてたり♪

授業は、身体やノドの事からスタートしました
すっごく為になりました。
コンサートやギグ、旅などで疲れた体や、少ない時間のウォームアップ方法などなど
ドラムのKelby先生も参加、笑
f0127967_0452.jpg

彼は昨年のライブでドラムをたたいてくれました☆

lunch前のクラスは、Rodney Green先生のクラスをチョイス
もうこの頃は、疲労感どっぷり。
けど、そんな時支えてくれるのは、ともだち。
英語の発音の先生をしている友達のRita。
彼女は本当にいつでも気づかってくれる。
lunchもみんなで済ませ、また午後のmaster class

ここでは、週末のライブの曲をコンボでリハーサルしたり、アドバイスを中心にしてもらいます。
この瞬間、私はボーカリストというポジションの意味を、更に深く知る事が出来、
お姉さんのように、Dena先生は、教えてくださいました!
この時間の出来ごとは、今回の収穫のひとつ

そして、初めてセッションするLaura先生も、愛いっぱいでした

けど、この日もまだ、今回自分自身目標にしていた部分にチャレンジすることが出来ずにいました
怖かったんです
きっとプライドも邪魔してたんやと思う
classが終わって、その夜ずーーーと考えていました。
これでいいのだろうか、、、

そんなことを考えつつも、友達みんなで、恒例の先生の演奏を聴きに♪

f0127967_0141126.jpg

f0127967_0142461.jpg

Jiggs Whigham,Gerorge Cables,John Clayton,Jeff Hamilton
f0127967_0153171.jpg

Dena DeRose先生の演奏
f0127967_0161562.jpg

Graham Dechter
f0127967_0172682.jpg
f0127967_017729.jpg

そしてSachal先生の演奏!!

今回も収穫いっぱい、洗脳状態!
大好きな友達たちですー!
f0127967_0185985.jpg

帰りがけに、大好きなRandy先生を発見!!
f0127967_020747.jpg


みんで夕食をとって、
今夜も、downtownにvanに乗って、sessionに繰り出しました
f0127967_0212272.jpg

今夜もホストの友達のKevinが大活躍
そう、今回最年少のピアニスト(たしか5歳)くん、大人顔負けのプレイで、湧かせてました☆
アメリカ、おそるべし!!

お店のおねえさんが昨夜の事覚えてて、最高やった!今夜は何歌うの?と気さくに声掛けてくださって、
歌った後、お客さんの一人が、追っかけてきてくれて、
凄く感動した、、、、と話してくださいました。
そして、お店のマスターも、いつでも歌いにこい!と褒めてくださったり
本当に自信のない自分が恥ずかしくなりました
だって、私日本語しか喋ってないし、
やっぱり英語のニュアンスは脳から直結やない

けど、日々の努力だったり、自分の歌がアメリカ人の人たちに響いている事を今回の旅で、たくさん受け取ることが出来ました。感謝いっぱいです

友達とセッションの約束してたので、また教室に戻って、セッションして、
ふらっとのぞいたら、友達のAmyを発見☆
duoの練習したり、動画撮ったり♪
そしたら、先生が明日のコンサートのリハをしたいから、と教室を開けわたして、二人で空いてる教室を探して、その教室にあるこの奇妙な絵に、二人大はしゃぎで、ぱしゃり☆
だって、目赤いし、けど澄ました顔でアコーディオン弾いてるんですよー!!
f0127967_0283440.jpg


そうしていたら、Tamir先生が来て、ちょっと練習していい?と
もちろんです!!練習見学していいですかーーー?!
と二人で見学。
どうやら明日のコンサートの曲のよう。
そこから、Tamir先生のソロピアノ練習は、おそろしい程のテクニックを持ってみえる事を改めて知ったと同時に、興奮状態の私たちのエネルギーが伝わって、先生もライブ状態に!!!
二人の為に、1時間位演奏してくださって、鳥肌が3重くらいたっちゃいました!
そうこうしてたら、ドラムのKelby先生がやってきて、sit in!!
ありえないduo演奏が始まりました
Amyと私は、涙が溢れてきて、夜道興奮状態、その夜は寝不足確定でした、笑
あーーー、来てよかった、今年も。


つづく、、、、
よんで頂いてありがとうございます☆
今日のporttownsend
f0127967_0384872.jpg
f0127967_0382180.jpg

poi.love.......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-10-19 00:39 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -8-

さぁて、今月末Jayさんが来日する前までに、何とでもこの旅行記を終わらせたいっ、ので頑張って夜なべします!

porttownsend3日目は、日本では考えられない規則正しい生活リズムのもと、朝食。
既に、食事をとるのにも、気合いが入ります、笑

今日はSachal Vasandani先生のレッスンです
SachalはNewYorkを拠点に活動するシンガーさんです
とてもcoolでnice guy!!
classの後は、いくつかある授業からドラムのKevin KannerのListening to classic Jazz Drumming to Analyze and Recreate the soundの授業をチョイス
彼のドラムは今回初めて何度も聞いたのですが、本当に面白くて、すっばらしい
発想がおもしろい
遅れてクラスにひとり行ったんだけど、途中から中年のおじさんが前にいて、私と一緒に遅れて入るらしく、けどレディーファーストの嬉しい対応をしてくださって、Thank you!と言いながら顔をみると、あ、、、、Jeff Hamiltonではないですか、、、!!!!
ドラムを離れると、やっさしいおじさんでびっくり、笑
彼と隣に座って、ふと周りをみると、pianoのEric Reed、BassのChuck Deardorfや、guitarのGraham Dechterやdrumsの、Rodney Greenや、Kelby Macnayrや、Byron Vannoyそしてそして、Matt Wilsonも授業をみに、隣にいるではないですかぁぁ、、、

そして、生徒以上にKevinに興味津々に、質問して、凄い教室でした、笑
終わってから、Jayさんと朝、昼にdowntownに行く約束をしたので、cafe前に向かう途中
今年も姿をみせてくれました
あやうく、彼らと野宿だった?!笑シカちゃん達です♪

f0127967_26167.jpg


f0127967_2201372.jpg

ここが好きなのは、自然の中に人間も住まわせてもらってるって実感できるとこ

無事Jayさんたちと合流して、昨年も訪れたスーパーの中の日本人女性が切り盛りする寿司バーへ♪
彼女、覚えててくれて、うれしかったー!
はぁ、、、、やっとお米!!みそしるーーー!!
f0127967_2225166.jpg


注文をまってると、あらら、、、、
Matt Wilsonに、Gary SmulyanにMartin Windが同じくお寿司バーでばったり♪
f0127967_2252270.jpg

みんなで楽しくお寿司ランチでした!
Mattはお箸までスティックに、笑
忘れ物をした私にコメディまでみんなで演じてくれたり、
本当におちゃめな先生たちでした!!

そして、午後のmaster class、、、、、、
あの笑顔のランチはどこいらか、、、、
このクラスは、一生忘れません。いい意味で。
全然出来ない自分とあえて、凄く良かった
だから、今も頑張れる。
けど、その半面、昨年も伴奏してくれたRandy先生は、「素晴らしいシンガーになった!!」と言ってくださったり、嬉しかった。昨年、彼や、Sunny先生が下さった課題に一年フォーカスしてきた努力を感じてくださったのが本当に嬉しかったです

けど、それ以上にSachalの授業は、深く、めちゃ為になって、
自分の無力さで、涙が出て、悔しかった。
けど、そうじゃなきゃね

そんな心境の中先生たちのパフォームを聞きにシアターへ。

f0127967_2265164.jpg

まずは、Walter SmithⅢ,Gary Smulyan,Tamir Hendelman,Chuck Deardorf,Kelby MacNayr
ランチのお茶目なGaryはどこへ?!
私の涙は、演奏が始まったら先生たちの愛一杯の身体いっぱいの指導法で、演奏が終わる頃、笑顔に変えてくれていました。
f0127967_2362464.jpg

そして、二つ目は、Eric Reed,Ben Wolfe,Gary Hobbsのtrio

f0127967_2371615.jpg

そして三つめは、Jeff Clayton,Terell Stafford,Wycliffe Gordon,Eric Reed,Ben Wolfe,Matt Wilson
またまた、おちゃめなMattはワイルドなお茶目Mattに変身!!
ステージ上で、爆笑する彼の声は、生なましくいい。
みんなそこで起こるモノに、200%反応してる。
これだよね
f0127967_240273.jpg


午後の涙はどこへやら。
練習あるのみ
興奮さめやらぬままDinnerへ!!
みんなと食事を楽しんで、友達のHaroldとDowntownへsessionに行きました
f0127967_2421920.jpg

Yeahhhhhhhh!!

ここで嬉しかったのは、、、、、、
昨年、私がここのお店で歌ったのを、マスターが覚えてくれてたの!!!!!!
あぁ、なんて嬉しいんだろう。
今日の波乱万丈の一日の疲れには、、、、これでしょう!!あはは♪
f0127967_2441741.jpg

Haroldは!!!!
f0127967_245346.jpg


今回も、女性マネージャーや、お客さんが歌を褒めてくれて、嬉しかった
そして、また今年もsessionホストのKevinと共演出来て、めちゃ嬉しかった!(今年はインロックはしないよー、笑)

こんな感じで一日があっという間で、長いようで、過ぎてゆきました

この日撮れた美しいporttownsendの景色でお別れを♪
読んで頂いてありがとうございます

f0127967_2492420.jpg
f0127967_249350.jpg
f0127967_2485099.jpg
f0127967_2483781.jpg
f0127967_2482557.jpg

[PR]
by yuzu_voice | 2012-10-10 02:49 | seattle | Comments(0)

Seattle旅行記2012 -7-

こんばんは!台風が日本列島をかけぬけてゆきましたが、みなさんご無事ですか?
この台風で、悲しい事故を知人から聞いたりして、本当に運命は分からないものだな、、と感じる今日この頃です

色々な心境の中、「Rock Of Ages」を観てきました
80年代のrockの名曲揃い
とっても懐かしく
やっぱrockはいいなぁ、、、と

映画でトムクルーズが熱唱!!
めちゃセクシーで、やばかったです、、、劇中の女性の気持ちが分かるわぁぁ♡
ミュージカルタッチで、観終わった後はすっきり、爽快!
楽しかった!!

読書の秋、芸術の秋、映画鑑賞の秋、食欲の秋!
「あなたへ」も観たいなぁ、、終わっちゃうかな。来週チェックしてみよ♪

さて、seattle日記つづきへ!

camp一日目は9時から授業があります。
前日のオーディションでのクラス分け発表も。。
朝食をさっとすませ、教室へ!
私は中級クラスでした。
こちらは、上級クラスのみんな!ほんと素晴らしい!!
もっと英語が皮膚から汗と一緒ににじみ出るようになりたいなぁ、、!!
f0127967_10347.jpg


今日はMary Stalings先生のレッスンでした
f0127967_141257.jpg

彼女はステージでは、めちゃパワフルなのに、普段は超スローで自然体
とっても素敵でした
後々、クラスの移動中Mary先生とばったり会って話をしていたら、日本人の素晴らしいシンガーを知っているが、彼女は若くして亡くなった、、、と。色々話ししていると、もしや私の恩師でもある越智順子先生では、、、?!と聞くと、まさに越智先生の事でした!!!!!
凄い、、、、、つながって、鳥肌でした
越智先生には、もっともっと聞きたい事や、もっともっと彼女からにじみ出る音楽から学びたかった
けど、こうやってMary先生に出会わせてくれて、今でもお空の上で笑顔で見守ってくださってるんかなぁと。

lunch前は、Jeff Claytonの"The Nuts and Bolts of Jazz Improv"に行こうとclassを出ようとすると、同じクラスのMia Nicholsonが「あなたの歌に本当に感動したわ!!心が洗われて、私は救われたの。是非珈琲でもごちそうさせて!」と声をかけてくれた
本当に嬉しかったです
後々、彼女のCDをくれたりして、彼女はプロで活動するシンガーさんだった事を知ったのです
彼女のこのcampでのチャレンジを一緒に隣でみていて、本当に感銘をうけました
そして、彼女には発音や、私がレパートリーに加えたらいいという曲を教えてくれたり、最後のパフォームの後には、一緒に飲んで、語って、ハグして、本当に素敵な友達のひとりでした
Thanks!!!Mia!!!
彼女のHPです→チェックしてみてくださいね!!http://mianicholson.com/

f0127967_147567.jpg

Jeffのclass

lunchでも新しい出会いや懐かしい再会やいろいろ、、、ご飯は、、、ノーコメントで、笑
午後もmaster classがつづき

夕方からは先生たちの演奏から学びます
f0127967_1194222.jpg

Jay Thomas,Jiggs whigham,Bruce Gorman,Benny Green,Jon Hamar,Rodney Green
f0127967_12154.jpg

George Cable solo
f0127967_1214551.jpg

そして、vocalの先生でもあるDena DeRose,John Clayton,Jeff Hamilton trio
この瞬間Denaの虜になりました。やばいです。彼女!
そして、Jeffのブラシもプレイも、Johnの一音のどびゃーんとくるもの、、、全て鳥肌です。。。JohnとJeffの演奏は、ダイアナクラールのDVDで死ぬほど観てきたけど、その場所で聴くとまったく別ものです。やっぱりJazzは生ですね

興奮さめやらぬまま、夕食!
夕食後は、いくつかやっている授業の中からRandy Halberstatのクラスをチョイス!
彼も昨年、伴奏をしてくれたり、アドバイスをくださった先生のひとり
彼のピアノは、本当に美しいし、彼自身、愛一杯で、それが音に出てて、本当に大好きなピアニストさんのひとりです!
"Wapping Your Ears Around A Tune"ここでは、アドリブへのアプローチをみんなで実践していく楽しい授業でした
ここで、彼が出版しているJazz piano、セオリーの本をゲット!
(ただいま、にらめっこ中です、笑 読んでて楽しい!!)

終わってから、またセッションへ色々梯子してたら、昨年出会ったピアニストの友人Amyを発見!!!
久々の再会!!!
f0127967_1324815.jpg

彼女は、Tamir Hendelmanの生徒さんで、今回のcampではBenny Greenのコンボだそう
Bennyのレッスンは超ストレートで厳しいらしい、、、けど、それっていい!
Bennyとも後々話す機会があったけど、すっごくシャイでいい人でしたよ!!

二人でDuoの練習もしたり
日本でも、みんなともっと練習したいなぁ、、、、と思うのでした!!!

今年はみんなととにかく触れ合いたくて、それと同時に沢山助けてもらったり
今日のPort Townsend
f0127967_1361072.jpg


なによりも、みんな、音楽が好きで、Jazzが好きだってこと
それが、とても自然で、何も考えなくても自分自身でいられるところ

今思うと、日本人だということで差別される事も実はあったりしました
けどね、それでもいいんです
だって、私、日本人ですもん
それぞれ、何を感じて、何をしたって、
私はわたしなんだって
そう思えるようになってきました

つづく、、、、
読んで下さってありがとうございました!!

poi.love......yuzumi
[PR]
by yuzu_voice | 2012-10-02 01:39 | seattle | Comments(0)